サンデーサイレンス

サンデーサイレンス






   HOME > サンデーサイレンス

サンデーサイレンス



サンデーサイレンスは、父ヘイロー、母ウィッシングウェルの間に生まれたアメリカ産の牡馬(オス馬のこと)です。
サンデーサイレンスは競走馬として、1989年のケンタッキーダービー・ブリークネスステークス・BCクラシックなどを勝ち14戦9勝を挙げた。
サンデーサイレンスは、1991年に日本に輸出され種牡馬生活に入りました。


サンデーサイレンスは、初年度産駒から多数の活躍馬を輩出し、日本の競馬界を席巻しました。
初年度産駒には、朝日杯3歳ステークスを勝ったフジキセキや、皐月賞・マイルチャンピオンシップをかったジェニュインなどがいます。
個人的にはブライトサンディーという牝馬が、綺麗で品があったので大好きでした。


その後も、天皇賞秋を3歳で勝ったバブルガムフェローや、快速サイレンススズカ、ダービー馬のスペシャルウィーク・アドマイヤベガ、ケガで引退を余儀なくされた名馬アグネスタキオン、切れ者デュランダル、秋3冠ゼンノロブロイ、無敗の3冠馬ディープインパクトなどを輩出している。
サンデーサイレンス産駒は、JRA通算2000勝や通算重賞勝利数、年間最多勝数、年間最多獲得賞金などの日本記録を更新している。


サンデーサイレンスの産駒の特徴は、気性が激しいことで有名です。
その気性をレースで勝負根性として発揮する馬もいれば、騎手のいうことをきかない暴れん坊もいるんです。
サンデー産駒のもう一つの特徴は、レースの流れが落ち着いて直線勝負になる時に強いこと。
逆に、流れが速くなって我慢比べになる時にはもろいことです。
レースディスタンスとしたら、1800メートル〜2400メートルに良績を残しています。
直線勝負には滅法強く、長くは脚を使えないけれども切れ味はもの凄いものがあります。
サンデー産駒が現れるまでは、そのようなタイプの種牡馬はトニービンぐらいしかいませんでした。


数多くの名馬を輩出したサンデーサイレンスは、2002年8月に蹄葉炎という病気で死亡しました。
サンデーの最終世代から、どのような名馬がでてくるのでしょうか?






Contents


高校野球 ゴルフ 競馬 フィンランド
プロ野球 スイング サンデーサイレンス スウェーデン
阪神タイガース 青木功 サイレンススズカ 雄琴温泉
ヤクルトスワローズ タイガーウッズ ディープインパクト 信楽温泉
清原和博 宮里藍 武豊 北近江リゾート
高校サッカー トヨタ自動車 スキー 榊原温泉
中田英寿 スズキ自動車 野沢温泉 趣味の登山
ワールドカップ マツダ自動車 菅平高原 御在所岳
サッカー日本代表 F1 八方尾根 比良山
Jリーグ 洗車 滋賀県のスキー場 綿向山


Copyright (C) 2006 趣味の部屋selection All Rights Reserved